日記

IMG_0001.jpgIMG_0003.jpgIMG_0002.jpgIMG_0002.jpgIMG_0004.jpgIMG_0005.jpgIMG_0006.jpg

苦しみの向こう側には
IMG_0008.jpg

私は二十代とてもくるしかった。

やりたいことが夢のままで終わると思っていた。

昔は誰にも心を開かない私だった。


人は人のなかでみがかれることもある。

人の前を明るくともすと、不思議と自分の目の前もあかるくなる。




今振り返るととんでもなくぶっ飛んだことをしていたり、今ではできないことをやっていたりもした。


例えば大人が木を登っているような感じ。


苦しみや悲しみ楽しみ喜び


すべてに意味があったことを今かんじる。


これからもきっとその繰り返しだと思う日々。


たくさんのことを経験し乗り越えていきたい。


大木のような人になるには、たくさんの経験とたくさんの感情を必要とすると思う。

根っ子にたくさんの心の栄養をつけていきたい。


腹の脂肪は減らしたいけれど、白飯がうますぎる。


太りすぎて誰だかわからなかったといわれたこのごろ。

デブライキ!
IMG.jpg









PET
_pettaneko.JPG
うちにいるたねこさんは、自分のことを猫だと思っていないように感じる。

具合が悪い時にはナースたねこになる。

ある朝目が覚めると、枕元に違和感とあつい視線を感じた。
もしかしておばけ?

たねこさんが首をかしげて立っていた。

心配性で怖がりなタネコさん。
でも、家族の誰かが体調を崩すと普段じいさんのことを噛みついているのに、じいさんの股ぐらで撫でられまくっている。

人の心のように怒ったりしょんぼりしたり、猫にも表情がある。
タネコさん、ナースになるとどんなに眠りこけていても、ついてくる。

犬みたいな猫。

petだと思っていたけれど、家族のことを全部知っているのはタネコさんだけのような気がする。

うん◯したあとは走ること走ること。
早く一刻も早くかたずけてー!
といっているようにかんじる。

枕元にいたのが、見知らぬオバケじゃなくてたねこさんで本当にホッとした。


距離ではなく、心
IMG_0018.jpg

私の本質を見ている人は、どのくらいいるのだろうか。

たくさんのフィルターは、たいていはかんけいなどないのに、大人は気にしすぎる。
なんとなく離れた人を時々は思い出す。


こどもはなんのフィルターもなくまっすぐな質問をおもったままをぶつけてきて、それに納得してくれる。

私は甥っ子に遊んでもらっているし、多くのことを教えてもらっている。

疲れるけれど、その純粋さには大人はかなわない。

子供と遊んだあとはなぜなのかわからないけれど、清々しい。
時にはけんかもする。

いうことを聞かないでかにパンを食べる甥っ子を怒り混じりで、カニカニカニカニハイハイハイ!!!!!

甥っ子はニコニコして言うことを聞いてくれた。
言葉遊びを不思議に思った。

意味なんてなにもない。
そこにある気持ちに反応してくれたのかなと思う。


心は距離ではなく、時間でもない。

そんなことをあらためて甥っ子を通して感じた。

甥っ子は魚しか食べない。
それをみて、わたしが目の前にいって、いろんなものを食べていると、、、、、、、
まっちゃん、、いっぱいたべるねぇ。

ありのままの言葉に笑ってしまう。

甥っ子に健康で元気でまっすぐに育ってほしい。
願うことしかできない。

願うことはたくさんある。

また、信頼するデザイナーさんとすこし距離ができることを知った昨日は涙が流れた。

退職してしまう人のときには、数日寝込んだ。

でも、私はわたしのがんばる姿を見てほしいとたちあがれた。

誰とでも、家族でも、親戚でも、距離ではなく、心の近さや、自分がその人をどう日々思い仕事や生活ををしていくかにかかっているかだと私は思った。

心は誰にも変えられない。

甥っ子が帰ったあと玄関にかえったときに
姉に渡したトーマスのラムネのひとつがおいてあった。
その顔は満面の笑みだった。

笑顔は、魔法。
IMG13.jpg






ものもらい
IMG.jpg
目が痒くて痒くて痛くて痛くて、眼科に行った。

ずいぶん前に行ったときはとても混んでいたが、とてもすいていた。

名前を呼ばれ、中にはいり、目のなにかを計り、眼圧とやらをはかる。

「風が目に当たりますが、何でもないのでそのままでいてください。」
と。

いつも飛んでしまうから、またわかっていても飛んでしまうと思ったら、やっぱり飛んでしまいビクッとして、目を閉じまくってしまった。

左目が腫れていて、もともと細い目がさらに細くてなかなか眼圧をはかれない。


お姉さんが、まぶたさわってもいいですか?

はい。

おもいっきりまぶたをグイッとされ、またもや風が。

またまたビクッとして、閉じてしまった。

お姉さん舌打ち。

したの方を押さえます。と、申し出た。


すごいことに。

そして、風が。

それでもまたまたビクッ。
飛んでしまい、それでも必死で目を閉じてしまい、、、、、、


眼圧いいか。。。。。。。。

センセー!眼圧なしでお願いしまーす。



目に風はビックリするし、目の細い私には困難なことだ。

左目のみ悪くてガチャ目。


目薬のおかげでものもらい、殴られたボクサー状態からは、だいぶ抜け出せた。
IMG.jpg




芋を洗う

人物9点_0009.jpg
IMG.jpg
私は、松下幸之助を尊敬しています。


ーー松下幸之助 「道をひらく」ーーーーーーーーーーーーーーー


このごろは、あまり街中では見受けられなくなったが
それでも、ときどき思わぬところで
昔懐かしい芋洗いの風景にぶつかることがある。



大きな木桶に芋をいっぱい入れて
その桶の縁に上がりこんだ若者が
二本の丸太棒でヨイショ、ヨイショとかきまわす。


その力に押されて、芋は上から下へ下から上へ
そして右に左にと移動して、大芋小芋とりどりの姿が
現れては消え、消えては現れてくる。


上にあるものとても、いつまでも上にいるとはかぎらない。
また下の芋も、いつまでも下積みでいるとはかぎらない。
やがては上にあがってくる。
下におりてくる。



何だか人生の縮図みたいである。

人の歩みには大なり小なり浮沈がつきまとう。

上がりっ放しもなければ、下がりっ放しもない。
上がり下がりのくりかえしのうちに
人は洗われみがかれていくのである。


だから、たまたま上にいたとて、おごることはすこしもないし
下にいたとて悲観する必要もない。
要は、いつも素直に、謙虚に
そして朗らかに希望をもって歩むことである。



おごりの気持や悲観の心が出てきたとき
芋洗いの姿を思い出すのも、また何かの役にたつであろう。
IMG.jpg
人物9点_0009.jpg
ーーー松下幸之助 「道をひらく」ーーーーーーーーーーーーーーー





こども
HP,,top2_0006.jpg

子供と遊ぶとついつい本気になってしまい、その日は寝ること寝ること。

子供はみんなをつなげる不思議な力を持っているなぁと、感じる。

いつもいる人がいないと、ばぁちゃんは?
じぃちゃんは?
まっちゃんは?

みんなでいこ。

そんなふうに話ながら、前を歩く。

なにかもめたことを笑い話でしていると、嫌な様子で、えーーーん!
と、絶叫。

大人たちは、やめる。

純粋でまっすぐなこどもの心に触れると、こちらが優しくなれる。

でも、毎回私の遊び方はやり過ぎて、怖がられてしまう。

やめてー!

と。言われるのでやめると、、、、、


まっちゃんもういっかいやって。

やめてー!

繰り返しのエンドレス。

不思議なこども。

まっちゃんもいこ。

そんなふうにちいさいこどもに言われるとかわいくてたまらない。

大人になって忘れている大切なことに気づかせてくれる宝。

HP,,top2_0006.jpg


音楽の力
IMG.bmp

音楽を生で聴くことは、学生時代はよくあったけれど、お客様たちにライブなどでなにげなーく押されて結局聴くことではなく押してくるおしかたや、まわりの盛り上がり方に目がいってしまうことが多かった。


早い番号ではいっても、いつも友達とはぐれて後ろの方になっていた。


その方が落ち着いて聴くことができた。


友人が楽器をひく。
時々、ライブにいかせてもらう。

音楽の力をいつも感じて泣いてしまったり、笑ったり、こらえたり、心は忙しい。
たくさんの音は、こころを豊かにしてくれたりこころを癒してくれたり、こころを繋げてくれる。

目には見えない不思議な力。


演奏者は体も心も顔も声も全部を使って音を出しているように感じる。

知っている曲でも生で聴くとその時のそこの空気やその時のその人たちの気持ちを感じる。

音楽の力は、素晴らしい。
そして、音を作ることができる人も素晴らしいなぁと思う。

音楽の力よ。

芸術は、人と人をつなげるもののように私は感じる。

それは、すべてのことに共通点があると思う。
IMG.jpg





洋服改造計画
IMG_0013.jpg
母がよく洋服や帽子を改造計画をたてて改造を実行してしまう。

帽子を改造したときは、なんどもやっていて、最後は謎の形になり、その帽子はいつのまにか解体されていた。
あの帽子の布はなにかにまた改造されたのかは、わからない。

洋服も改造する。
サイズが合わないといって、一日中やって、いろんなところから布を切ってあてがっていた。

最後に着てみると、、、

胸がはちきれそうに。。。

なにかを思い付いた様子で、、、

あ!
ブラをはずせばぺたーんだから、そうしよう。

志村けんじゃないんだから。。。。。

母の日だった昨日、姉からカーネーションが届き、義理のあねからもカーネーションが。

これでわたしがまたカーネーションをあげてもなぁ。

お好み焼きをごちそうして、いつもありがとうと伝えると、ニコッとしてこちらこそありがとうといった。




家族は、いろんなことがある。
その中のいろんなことが、嫌でたまらないときもある。
理解したいのに磁石のように反発しあったり。。。。。

そこには、感謝をそれぞれがなくしたときに、生まれるように思う。

何度くりかえしても、このおもいはくりかえしてしまうのかな。

母と父がいなかったら、わたしはいまここにはいない。

あたりまえのことだけれど、あたりまえすぎてけんかをしたり、いつまでも過去をひきづりあい憎しみあう。

どんなに苦しいことがあってもいまここにいることにあらためて感謝できた日だった。

母の日よありがとう。



父の日は、先にすませた。

父の日がどうでもいいわけではないけれど、うらめしそうに見ているので、、、、、、


二人とも長生きをして仲良くいて欲しい。

会話かみあっていませんけれど!

いいのね。。。。。
IMG_0006.jpg
IMG_0013.jpg





テレパシー
IMG_0002.jpg
IMG_0001.jpg

テレパシーというものを、よく感じる。

心のアンテナのようなものかなぁ。
それは、友達のことを思っていると、その人から連絡が来たり。なんとなく気になって、連絡をすると私に連絡をしようとしていたと聞く。

不思議だな。

心は摩訶不思議。

なにかを感じる人には声をかける。
そういう人は、たいていたくさんのことを経験して乗り越えている人。

私もたくさんのことを乗り越えていきたい。

脳はシワがある。
年を取るとシワもできる。

心にもシワがあるのかな。
IMG_0001.jpg


ライキとは。
IMG.bmp
ライキってるなぁ。
と、思う。
ライキというのは、よくおばあちゃんが太っている人のことを話すときに、デブライキ。
と、言っていたからだ。

昔は痩せていたから、今の私をおばあちゃんはきっと、まっちゃんライキってるなぁと思われているだろうな。

痩せすぎて心配されたていたけれど。。。いつのまに。
たまてばこ、あけちゃったかな。

ライキ。

ライキってなに?
今でも意味はわからないまま。
わからない。
IMG12.jpg




バラの花
20170506194126_IMG_8263ばあの花.JPG

不思議な時にそのひとはやってきて、自分で育てたバラを、置いていく。
たいてい私が辛いときや、むくわれたとき。

何でわかるんだろう。


私にあまり声をかけず、正子ちゃんに。
と、だけ伝言をし、すぐに帰ってしまう。
にげあしはやい。


はじめてうちの住宅にこしてきたときもよく覚えている。

母が、前に役員をやっていたから。


その時は母は出かけていて私が対応した。


なんとなく、まっすぐな印象がした。



そのあとその人を知るたびに、まっすぐなひとだなぁと、なおさら思う。

ベランダで、バラの花を咲かせてしまうマホウツカイ。なんの粉を使っているのかな。


中身はとっても乙女。
話すことは、男前。


本当のことは、心から優しいひとだということ。


昔から感じていた心は本当の真心の人だったこと。


真心を送り続けること。
簡単なようで、簡単ではない。
反応がなくなると、やめてしまう。

そのひとは違った。
私は反応できないくらいだった。
心のなかでありがとう。と、思うことしかできなかった。

今日は、追いかけてありがとうございますの気持ちを伝えた。



かっこいいなぁと私はいつもいつも思う。


きっとそんなことを伝えたら、私の肉をつねると思う。
そういうかわいらしいご婦人。

いつも優しい気持ちをありがとうございます。

バラの花。

なににもたとえることはできない。

そのご婦人も、バラの花も。

お腹の肉も。



小学生のころ母の日にカーネーションを買いに行って売り切れていたので、バラ一輪を買ったら、花屋のおじさんに、おかしなことをいわれた。
どうやら男だと間違われていた。

キミ、キザだね。
好きな子にあげるのか!!
今時の子供はませてっからなぁ。

固まりすぎて、私はなんの言葉も発することができなかった。

ただただ、その勘違いが無性に恥ずかしかった。
20170506194126_IMG_8263ばあの花.JPG

IMG_0001.jpgIMG_0003.jpgIMG_0002.jpgIMG_0004.jpgIMG_0005.jpgIMG_0006.jpg